MENU

山口県の地質物語

山口県は,岩石の博物館といえるほど,多種多様な岩石でできています。
当サイトの山口県の地質のご紹介をとおして,少しでも地質に興味をもっていただくきっかけになれば幸いです。

プロフィール

西村 祐二郎 山口大学名誉教授
中国地方,石垣・西表島,中琉球弧およびニュージーランドなどの高圧型変成帯および弱変成付加体の変成岩岩石学,放射年代,形成発達史のほか,山口県の非火山性温泉の成因・湧出機構などを専門とする。
著書,学術論文,報告書など合わせると 160 編以上にのぼる。
山口大学名誉教授 西村 祐二郎

【略 歴】

1940 年 2月
広島県呉市に生まれる
1974 年 7月
山口大学文理学部助教授
1975 年 10 月
山口大学教養部助教授
1984 年 7月
山口大学教養部教授
1996 年 4月
山口大学理学部教授
1996 年 9月
山口大学大学院理学研究科教授
1997 年 4月
山口大学大学院理工学研究科教授
2003 年 3月
山口大学定年退官
現   在
山口大学名誉教授
トキワコンサルタント株式会社技術顧問
( 2004 年4月1日から)

【受賞歴】

1969 年
日本地質学会研究奨励賞受賞
1995 年
日本地質学会小籐賞受賞
2002 年
第 21 回環境大臣表彰(温泉関係功労者)受賞
2002 年
第 59 回中国文化賞受賞
2003 年
American Mineralogist Best Paper Award
2000 受賞
2007 年
山口県選奨(環境功労)受賞
2020 年
日本地質学会名誉会員

【書籍案内】

基礎地球科学 第3版
西村祐二郎 編著 2019 朝倉書店 200 p.